三重県津市の内科・小児科・婦人科クリニック

内科・小児科・婦人科 津ファミリークリニック

スタッフ紹介

スタッフ紹介

成島 仁人成島 仁人

弘前大学医学部2003年卒。手稲渓仁会病院(札幌)にて初期研修修了。
名古屋大学総合診療科にて家庭医療プログラムの一期生として後期研修。
北海道家庭医療学センターにて家庭医療学フェローシップ(指導医養成)プログラムを修了。
2013年3月まで北星ファミリークリニック(旭川)にて副院長および指導医としての研鑽を積む。
2013年4月より三重大学家庭医療学/総合診療科の指導医として勤務した後、同年11月に開院の津ファミリークリニックの院長として、新たな一歩を踏み出す。

        

ひと言:「本年4月から新しく女性の先生が加わり常勤3名の体制となりました。ご自身も子育てをされながらの勤務で、来院されるお母さま方の心強い味方になってくれると思います。これまで以上に皆様に寄り添った診療を心がけてまいります。」


原田 直樹原田 直樹

長崎大学医学部2010年卒。長崎大学病院群で初期研修を終了。長崎医療センター総合診療科で家庭医療後期研修プログラムを修了。2015年4月より名張市立病院(三重県)総合診療科で1年間勤務した後、2016年4月より津ファミリークリニック医師となった。

ひと言:「家庭医療を実践し研鑽をつむため、1年前に長崎から三重にやって参りました。地域に少しでも貢献できるようがんばりたいです。」


矢部 千鶴矢部 千鶴

2003年信州大学医学部医学科卒業。三重大学家庭医療学家庭医療プログラムに属し、三重大学医学部付属病院、松阪中央総合病院、三重病院、県外の病院などで研修・診療を行ってきました。 2010年旧家庭医療学会(現日本プライマリ・ケア連合学会)家庭医療専門医・指導医を取得、主に三重県立一志病院で診療・教育・研究に従事してきましたが、2017年4月より津ファミリークリニックに勤務しています。

ひと言:医師になるまで三重にはゆかりがなかったのですが、居心地よい土地柄で、はや十数年が経ちました。医師として育てていただいた地域の皆様に、少しでもお役に立ちたいと思っています。心配なことなどお気軽にご相談ください。


湯浅 美鈴非常勤医師
湯浅 美鈴

筑波大学医学群1994年卒。 舞鶴市民病院内科研修医、沖縄アメリカ海軍病院インターンを終了。 アメリカで家庭医療研修を終了後、勢和ファミリークリニック(三重県)にて院長として勤務。 その後、アメリカに再渡米。 Edgewater Family Care Centerで家庭医として勤務した後、老年医療(ハワイ大学)、ホスピス・緩和医療(オレゴン健康科学大学)の研修を経て、生まれ育った三重県に戻り、2014年12月より津ファミリークリニックに勤務となる。

ひと言:「学生時代を過ごした懐かしい津に戻ってきました。地域の皆様に必要とされるクリニックになるお手伝いが出来たらと思います。」

ページトップへ